FX取引におけるレバレッジ倍率

###Site Name###

FXは、一定の証拠金を預け入れることで、その何倍もの外国通貨の売買ができます。ところで、取引金額と証拠金額の比の事をレバレッジまたはレバレッジ倍率といいます。



現在の日本では、このレバレッジ倍率は最大25倍までという規制がなされています。


例えば、10万通貨単位の米ドル円の取引では、取引金額が1200万円程度になりますので、それに対する証拠金は、最低でも50万円弱になります。


この25倍というレバレッジ倍率は、低いように感じますが、上記の米ドル円の例でいえば、為替レートが1円上下しますと10万円の損益になります。
もし、ぎりぎりの証拠金で取引した場合には、損失の出る方向に相場が動きますと1円以下の変動でも証拠金が不足してしまいます。


これを避けるには、証拠金に余裕をもたせるか取引単位を少なくするかです。

すなわちレバレッジ倍率を低くする以外ありません。



ただ、レバレッジ倍率の低い取引であっても相場の動きが激しい時には、思わぬ損失を被ることもあります。

ビジネスジャーナルに関する情報が幅広く集まります。

なにしろ、FXには値幅制限がありませんので、ストップ(逆指値注文)による損切りは必須ということになります。


しかし、最近のスイスフランの暴騰のような場面に遭遇しますと、たとえストップをかけてあってもそのレートで執行されないこともあります。

海外の業者では、レバレッジ倍率が100倍以上のFX取引ができますので、上記のスイスフランの件では、破産した人やファンドが多かったといわれています。

普段は変動率のあまり大きくないFXですが、何年かに1度は相場が急変することがあるということは、気に留めておかれると良いでしょう。