FXはメンタルが大きく左右する

###Site Name###

FXはメンタルが大きく左右する取引でもあります。心理的影響を受けやすく、ポジションを持ったあとに後悔してしまったり、簡単にマイルールを破ってしまうこともよくあります。

これは上級者にもよく見られ、ポジションを持っていないと不安になる、休む相場が長く続き、他のトレーダーが儲けていると焦ってしまう気持ちにもなるようです。

まず、ポジションを持っていないと不安になるトレーダーは、チャートを見ない環境をつくることも大切です。



ルールを決めて一日に1回取引をしたらパソコンの電源を切ってしまう、出掛けてチャートを見ないようにしている上級者も多いと聞きます。
また、ポジションを持って含み益が出ると早く決済したいという気持ちになり、反対に含み損が膨らむと決済できなくなる方がほとんどです。

よくトレーダーにみられる一日に1万円稼ぐ、月に100万円稼ぐといった目標を決めるのもFX取引ではお勧めできません。

有望なリクナビNEXT JOURNALサイトが一番おすすめです。

相場は生き物ですから、マイナスになる時もプラスになる時もあり、そう都合よく決まった数字を出せないので、結果論として捉えた方がいいかもしれません。

とにかく、FXは弱気になってしまったら安定的に利益を得られなくなります。

ポジションを持つとストレスが溜まり、早くこの状況から解放されたいという気持ちが強いのはポジションサイズが大きい場合がほとんどなので、メンタルに影響があるならポジションサイズを減らして取引するのがお勧めです。